読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲学プラクティス,クリティカルシンキング,市民的リサーチ等の実践と研究「探Q複数の視点で考えるカフェ」

哲学プラクティス,クリティカルシンキング,市民的リサーチ等の実践と研究に関する記事を書いています。主催するちいさな哲学カフェ,入門ゼミ等の総称として「探Q複数の視点で考えるカフェ」を使っています。twitter @tanQarc。現在主にここの記事を書いているガイドは,菊地建至です。金沢医科大学の教員(人文科学)もしていますが,大学・本務校の外に開いた実践・研究にも積極的です。末長く,よろしくお願いします。

【お知らせ】10月16日(日曜日)「法と道徳 ~いま何が問題か~」講義と対話@紫明会館・京都

【お知らせ】10月16日(日曜日)「法と道徳 ~いま何が問題か~」講義と対話@紫明会館・京都、探Q複数の視点で考えるカフェ

 

10月16日(日曜日)14時半から17時まで、紫明会館(京都市北区


講師 加茂直樹さん(京都教育大学名誉教授)

 

参加費 1500円(レジュメ代など込)

 

会場の紫明会館は、京都駅からも地下鉄で行きやすく、京都府外からも意外と便利に通えます。京都市北区小山南大野町1番地(京都市営地下鉄烏丸線鞍馬口駅より徒歩7分)。

 

◆講師の加茂直樹さん(京都教育大学名誉教授)からのメッセージです。

 

 いかにも堅苦しいテーマを掲げましたが、二大社会規範としての法と道徳は、私たちの日常生活と密接につながっています。

 

 悪いことをしたら刑罰を受けますが、このごろのような複雑な世の中になると、法律に違反しているのかどうかわからない行為も多くあります。

 

 道徳は法律に比べると捉えにくい存在ですが、私たちがスキャンダルに巻き込まれたような場合には、社会道徳の一つの表れである世論は、刑罰以上の重みをもって私たちに迫ってきます。週刊誌、テレビなどのマスメディアやインターネットの普及が、このような傾向に拍車をかけていることは、皆さんがご存知の通りです。

 

 このカフェでは、法と道徳の両者はどのように区別され、どのように関わり合うかについて、考えていきたいと思います。面白みのない難しいテーマのように見えるかもしれませんが、具体的な例にあてはめてみると、身近な問題であることを理解していただけるはずです。

 

 以下は一応の目次です。

 1 誰のための法と道徳か

 2 規範をなぜ守るべきか

 3 キリスト教が支配的であった欧米社会

 4 社会道徳と個人道徳

 5 道徳と世論

 6 道徳の独自の役割

 

 なお、今回は概論的な話題提供が主ですが、次の機会があれば、安楽死、自殺、妊娠中絶、体外受精、売春、ポルノの法規制などの具体的なテーマを直接に取り上げてみたいと思います。

 

☆問い合わせ・申込は、直接会場の電話075-411-4970(特定非営利活動法人・紫明倶楽部)もしくはメールアドレスqualityoflife@shimei.club(特定非営利活動法人・紫明倶楽部)に申し込んでくださっても、下記メールアドレス(探Q複数の視点で考えるカフェ)に連絡くださっても、どちらでもOKです。

 

kiku.yuukou@gmail.com (探Q複数の視点で考えるカフェ、菊地建至)